優良ブリーダー無料会員登録はコチラ
子犬をお探しの方はこちら 癒しの子犬ブリーダー・ケンネル
「ブリーダーあんしん保険」保険取扱代理店ペットライフエイド
愛するペットとの暮らしをサポート!オリジナル生活雑貨販売 癒やしのナチュラルストア
  • 癒しの猫図鑑 猫種ごとの写真で探せる図鑑サイト

管理室

愛猫の気になるニオイ予防

健康な猫に体臭があるとすれば

猫ちゃんは、獲物に気づかれないように自分のニオイを抑えて待ち伏せする動物ですから、健康な猫ちゃんの場合はほとんど無臭です。さらに、猫ちゃんには肉球にしか汗腺がないので、全身から汗がでるわけではないのでニオイはほとんどありません。

健康な猫ちゃんに体臭があるとすれば、皮膚にある皮脂腺とアポクリン腺から出る分泌物が細菌に分解される時に臭いニオイを発生させますが、定期的にグルーミングしていれば体臭になるほどではありません。病気やケガでグルーミングできない時などは、体臭がひどくなる時がたまにあります。そんな時は特に尻尾の付け根、肛門周辺、足の裏、耳の周りなどは、皮脂腺とアポクリン腺が多く集まっているので、体臭が強くなってきた場合には、この部分を念入りにお手入れしてあげましょう。

また、排便時に自ら肛門腺の分泌物を排出できない猫がいますが、このような猫は肛門腺に溜まった分泌物によって、肛門周辺から強い臭いを発するようになります。そのような場合には、定期的に肛門腺の分泌物を絞り出してあげる必要があります。

子猫にシャンプーが必要な時って?

猫ちゃんは体臭が少なく、グルーミングもするのでシャンプーの必要はありませんが、長毛猫の場合、ウンチやおしっこが毛についたり、皮膚から出る油で毛が固まってしまうことがあるのでシャンプーをしてあげる必要があります。頻度は多くても2ヶ月に1回が目安です。シャンプーのしすぎは毛が傷んだり、皮膚トラブルの元になったりすることがあるので要注意です。

太った猫ちゃんや年老いた猫ちゃんは自分でグルーミングをしなくなることがあるので、その場合は月に1度のシャンプーが目安です。濡らしたタオルでふいてあげてもよいでしょう。

また去勢手術していないオス猫がおしっこを勢いよくまき散らすスプレー行為をした時などは、おしっこがついてしまうことがあります。このスプレーのおしっこをそのままにしておくと、とても臭いのですぐにシャンプーしてあげましょう。フケや抜け毛が気になる場合も、シャンプーやブラッシングで解決できる場合もありますが、シャンプーのしすぎもよくないので、様子を見ながらきれいにしてあげましょう。

口内炎や歯周病の場合、クサイお口で体をなめると、体中が臭くなってしまいます。そんな時も状態をみながらシャンプーしてあげるとよいでしょう。

お湯やシャンプーを受けつけない場合は水のいらないドライシャンプーを試してみては。ただ、体をなめるので害のない物を選んであげる必要があります。

イメージ

その他飼育のニオイ予防

猫がトイレをするたびに片付ける

猫が用を足したら放置せずにすぐさま片付けてしまう。

一般の人ならばなかなかそうもいかないでしょうが、その場合には1日1回は排泄物を処理し、用を足した後にかける砂やチップをたくさん用意してあげれば臭いを限りなく抑えることができます。

猫は用を足した後に砂をかけて排泄物を埋めて隠すという習性があります。これはほかの動物に居場所を知られないよう、臭いを消すために行っている行動です。トイレがオシッコやウンチでいっぱいになれば、猫は別の場所に勝手にトイレをしてしまう可能性があるので、最低1日1回は処理してあげましょう。

また、トイレ自体にも工夫をしています。もっとも良いのは入り口にはカバーがついている、ドーム型のトイレです。このトイレならば臭いが拡散することがないのでいいでしょう。トイレの近くに空気清浄機を置けばなお効果的です。

万が一トイレ以外の場所に粗相をしてしまった時には、まずきれいにふき取ってから中性洗剤やアルコールで消毒をしましょう。ペット用の消臭スプレーも効果的です。急なことでこれらのものが手元にない時には熱湯をかけるのが効果的です。熱湯が尿の臭いを分解してくれます。

ネコは自分の尿の臭いが残っていると、再びそこで用を足してしまうかもしれません。したがって、できるだけ早く、きれいにして臭いを取り去っておくようにしましょう。

イメージ

フードは食べ残しがない量をあげる

猫は食に対する執着があまりないため、犬のように一気に全てを食べきってしまわずに食べ残しながらダラダラと食べることがよくあります。この食べ残しは臭いのもとになります。特に一度口をつけた餌は口内の雑菌が移って繁殖してしまうため、衛生的にも良くありません。

食べきれる量だけをあげるようにすればダラダラ食いが起きないため臭い対策になります。また、ダラダラ食いが習慣になってしまうこともありません。そのためには日頃から一度で食べきれる量を把握しておく必要がありますが、これによって食欲のない時などもすぐに気づくことができ、健康のバロメーターになります。また、食器は1回ごとに洗うようにしましょう。猫は食べ終わったら皿をなめる習性があり、不衛生になりやすいので、水洗いだけでは不十分です。台所用洗剤でしっかりと洗いましょう。

販売中の子猫を見る