優良ブリーダー無料会員登録はコチラ
子犬をお探しの方はこちら 癒しの子犬ブリーダー・ケンネル
「ブリーダーあんしん保険」保険取扱代理店ペットライフエイド
  • 癒しの猫図鑑 猫種ごとの写真で探せる図鑑サイト

管理室

愛猫飼育のトラブルを防ぐために

他人に迷惑をかけたり、他の猫に疵を負わしてしまったり、負わされたりとのトラブルは少ないと思います。

室内飼いで最も注意しなければならないのが感電です。 なんと言っても子猫はいたずらの天才。ときにはそのいたずらのせいで、大きな事故を引き起こすこともあります。 猫は、げっ歯類なため飼っているのであればやっておくことが好ましい、電気系統にまつわるトラブル回避対策について紹介していきたいと思います。

キャットイメージ7

電話線、電源コードはペットから見えないようにしておきましょう。

若く活発な猫や、生涯歯が伸び続けるげっ歯類たちは、飼い主が油断しているとすぐにいろんな物を引っかいたり、倒したり、齧ったりします。

中でも洒落にならないのが、感電にまつわる事故です。 電源コードを齧ったり、遊んでいる最中にコンセントから伸びるコードに足をひっかけて家電をひっくり返したりというようなトラブルは、発生リスクをしっかりと下げる努力をすべきでしょう。
電源コードや電話線などにいたずらをされれば、家電をダメにしてしまうのは当然ですが、感電、火災などの悲劇にも直結することとなってしまいます。 大切なペットに、生涯幸せに暮らしてもらうには、そういういたずらができない環境を作ることが、本当に大事です。
パソコンやその周辺機器の配線はプラスチックのカバーで覆うなどの対策を取り、配線コードが露出していない環境を作ってあげると良いでしょう。

配線カバーで家電から伸びるコードを守るのも大事!

家電の中には、いちいち壁に電源コードを配置するわけにはいかないものもあります。掃除機や、季節ごとに出し入れする扇風機、ヒーターなどがその代表です。 こういったものから伸びる電源コードもまた、ペットにとっては「齧ってみたいなぁ」と感じる対象となる場合があります。
これらの家電に対しては、配線カバーを買ってきて、コードに被せることで対応しています。カバーがあれば齧られても中の電源コードまではなかなか歯が到達しないので、有効な対処となります。

最近では乳幼児やペットが不用意に齧らないよう、舐めると苦味を感じる配線カバーも市販されています。こういうものを導入すると、より安心できるはずです。 万全を期すには、コンセントカバーを買って取り付けるぐらいの周到さも必要かもしれません。

ペットが引き起こすいたずら。そのいたずらによって起きる電気系統のトラブルは、ペットの命にも関わる重大な問題ですから、その発生リスクを下げるのは飼い主の務めです。
不注意からペットに感電の憂き目を遭わせないためには、こういうものを使ってコードをペットから見えないようにするのも愛情でしょう。 今回紹介した電源コード周りの対策法を実践するだけでも、かなり安心してペットを家の中で遊ばせることができるようになるはずです。

販売中の子猫を見る